おすすめ

バイアグラの効果

日本人の平均年齢と健康年齢の差はおよそ10歳離れているそうです。

昔60歳だった老人は現在では50歳の壮年という事になります。

たしかに、スポーツジムやプールなどに行くと普通の若者に交じっても見劣りしない体力のシルバーエイジの男女が多数見受けられます。

体力があるという事は精力も旺盛という事で、60代の男性が若い女性にモテる時代だと言う報道も目にします。

それに伴ってED治療薬の売り上げも右肩上がり。

バイアグラなどで事前の準備をしっかりして、いざ本番に備えるチョイ悪オヤジたちも沢山いるようです。

価格がお手頃のバイアグラジェネリックも最近は評判が良いようです。

私も趣味でスキーをしますが、スキースクールの上級レッスンを受けているのは団塊の世代の人たちが多いように思えます。

「もっとうまくなりたい」と言う上昇志向は団塊の世代の人たちにかなり強い感じがします。

時間とお金に余裕があるシルバーエイジの人たちが、今からの日本の消費を牽引して行くのかもしれませんね。

ますます若者の影が薄くなっていきそうです。

バイアグラの宣伝

少し沈静化してきたとはいえ、「松居一代劇場」は続いています。

夫婦間のプライベートな事を、ユーチューブで発信することにもびっくりしましたが、「バイアグラ」の名前を一躍日本中に広めた功績は大きかったのではないでしょうか。

EDと言う病気があります。

自分の意思通りに男性機能が働かない疾患で、40歳以上の男性の3人に1人は経験があると言われています。

そのEDの治療に画期的な効果を現したのが「バイアグラ」です。

日本で発売されたのは1998年ですが、瞬く間に世界中に普及し悩める男性の救世主になりました。

男性の間では「バイアグラ」の名前を聞かなかった人はいないのではないでしょうか。

しかし、女性は直接関係しないEDなので、女性の認知度はいま一つでしたが、今回の「松居一代劇場」で一気に女性も「バイアグラ」を知ることになりましたね。

バイアグラの製造販売をしている「ファイザー社」は何億円もかかる宣伝費をかけなくても、これだけ宣伝効果があった訳ですから、松居さんに相当謝礼を払っても良いくらいだと思います。

熟年ライダー

若い頃乗りたくても経済的な理由などで大型バイクに乗れなかった50代から60代の男性の間で、ハーレー・ダビッドソンなどの大型バイクに乗る人が増えているようです。

それにともなって、交通事故も増加している事は悲しい事ですが、バイクメーカーにとっては熟年ライダーは良いお客様になっています。

昔のバイク好きと言えば「暴走族」や「カミナリ族」などと言うイメージが強く、どちらかと言うと「悪」の代名詞のようでした。

それに比べて、現在は「趣味としてのオートバイ」という認識にかわってきているのかもしれません。

暴走族の取り締まりが強化された事も、イメージアップにつながっている原因かもしれません。

男性の悩み

男性のお悩み相談で上位にランキングされるのは、頭髪の悩みいわゆる「ハゲの悩み」だそうです。

さらに、ED(勃起不全症候群)も常に上位にランキングされています。

男性にとって上半身(頭)にも下半身にも悩みの種があるんですね。

もっとも40歳以上の男性の3人に1人はなんらかのEDの症状を自覚していると言うデータもあります。

最近はED治療薬も多くの人に認知されてきて、特に「バイアグラ」は松居一代さんがご主人の船越栄一郎

さんの浮気を告発したユーチューブで盛んに叫んでいた「バイアグラの100ml」で一気に広まってしまいました。

実際は「100ml」ではなく「100㎎」が正解なんですが、とにかく「バイアグラ」を製造しているアメリカの「ファイザー社」にとってはお金を一切出さず、ものすごい宣伝をしてもらったんですから、松居さんに感謝しなければなりませんよね。

何が原因でブームが起きるかわからないものですね。

いずれにしても、EDもハゲの悩みも早期発見早期治療が大事と言う事ですね。